/

この記事は会員限定です

河川の監視体制強化 台風19号から1年

水位計や浸水検知センサー 越水把握し迅速避難へ

[有料会員限定]

東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号から1年がたった。記録的な大雨で各地の河川が氾濫し、決壊や越水など効率的な河川情報の収集・発信が課題となった。国は河川の監視カメラを倍増するほか水位計も増設。浸水を検知するセンサーの設置も急ぎ、河川の観測体制の強化を進めている。

2019年の台風19号では、河川の決壊箇所は140で、37カ所が決壊した18年の西日本豪雨を大きく上回った。警戒レベルで最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン