/

この記事は会員限定です

CO2再利用で日米連携

技術情報共有や専門家派遣

[有料会員限定]

日米両政府は二酸化炭素(CO2)を素材や燃料として再利用する「カーボンリサイクル」に向けて連携する。定期的な協議の場を設けて技術情報の共有や専門家の相互派遣を進める。温暖化ガスの排出量削減に役立つ新技術として、研究開発の加速や普及に向けたコスト低減をめざす。

13日の「カーボンリサイクル産学官国際会議」で梶山弘志経済産業相が表明し、米エネルギー省と覚書を交わす。カーボンリサイクルは回収したCO2を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン