/

この記事は会員限定です

塩野義、コロナ薬特許を開放

途上国支援、日本企業で初契約

[有料会員限定]

塩野義製薬は4日、開発中の新型コロナウイルス治療薬について、途上国向けに特許料を徴収せず後発薬の生産を認めると発表した。国連の関係機関がつくったNPOで、医薬品の公平な供給を支援する国際組織「医薬品特許プール(MPP)」とライセンス契約を結んだ。日本企業がMPPと契約するのは初めて。世界117カ国に治療薬を供給できるようになる。

途上国への安価な治療薬の供給は、感染症の世界的な流行を抑える有効な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン