競争促す減反廃止の原点に立ち返ろう

2020/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の稲作が岐路に立っている。米価の下落を防ぐため、農業団体がコメの減産を各地に強く働きかける可能性が高まっている。2018年に生産調整(減反)を廃止した原点に立ち返り、より自由な生産を目指すべきだ。

減反は主食米の生産量の上限を国が都道府県に提示する形で実施してきた。農業者が自らの判断でコメを作るようにすべきだとの声が高まり、17年を最後に国は生産上限を示すのをやめた。

こうした流れを阻むきっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]