/

この記事は会員限定です

スパコン「富岳」百景(5)飛沫の行方を模擬計算

[有料会員限定]

オフィスなど人が密集する場所で新型コロナウイルスの感染を防ぐには、人と人の間に仕切りを作ったり、空気を入れ替えたりすることが重要だ。こうした対策のシミュレーション(模擬実験)に「富岳(ふがく)」が活躍している。

神戸大学の坪倉誠教授らは、4人勤務の職場を想定し、せきなどで出る飛沫の拡散を富岳でシミュレーションした。1人が飛ばした飛沫は主に向かいに座る人が浴びており、床から140センチメートル以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン