/

この記事は会員限定です

文明が野蛮に屈するとき

坂井修一

[有料会員限定]

恥ずかしい話だが、私は55歳になるまで、シュテファン・ツヴァイクの本を一冊も読んだことがなかった。たまたま観(み)た映画「グランド・ブダペスト・ホテル」に感心し、この映画がツヴァイクにオマージュをささげていたので、彼の著書『昨日の世界』を買って読んでみることにしたのだった。

感想――映画が無ければ、これを読まずに死ぬところだった。助かった。「グランド・ブダペスト・ホテル」に感謝!

『昨日の世界』は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン