/

この記事は会員限定です

駒沢大、代替食づくり挑む

解決型のビジネス学ぶ 資産形成・睡眠などテーマ幅広く

[有料会員限定]

今回はパックンの愛称でおなじみのパトリック・ハーランさんが駒沢大学を訪ねました。新型コロナウイルス禍の下、大学が学生の生活を支援する一方で、学生はゼミの授業で社会課題の解決に向けて学んでいました。学生たちのチャレンジやアイデアを紹介します。(文中敬称略)

駒沢大といえば、今年1月に開催したシンポジウムでの各務洋子学長の言葉が印象的でした。シンポジウムでモデレーターを務めていたジャーナリストの池上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2123文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません