IBM、ネットワークサービス部門分離 クラウドやAIに専念

2020/10/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米IBMは8日、ネットワークサービス部門を2021年に分離すると発表した。デジタル化の環境整備を急ぐ企業の需要が高まるなか、サービス事業を独立させて経営効率を高める。IBM本体はクラウドや人工知能(AI)関連に専念する。

分離するのは企業のネットワーク環境の構築支援やサーバー提供、保守などを手掛ける事業。同社の売上高の約4割を占めるシステム部門の一部で、115カ国の約4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]