カルビーと農協、半世紀越し和解
中抜き取引で確執→農業振興で提携、産地の衰退に危機感

2020/10/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スナック菓子最大手のカルビーと、地域別で国内最大の農協系組織が8月、手を組んだ。この動きは食品業界で驚きをもって迎えられた。カルビーが農家と直接取引を始めてからほぼ半世紀、両者は確執関係にあったからだ。農協と取引先企業の提携はここ数年で進み始めているが、ライバルだった両者まで握手する背景には日本の農業の厳しい現実がある。

「我々は同じ方向を向いている。カルビーとの提携で安定した生産が可能になるは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]