コメ販売6.3万トン減、コロナ影響分が4.5万トン 3~8月、農水省推計

2020/10/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

農林水産省は、新型コロナウイルス禍がコメ販売に与えた影響に関する調査をまとめた。大手卸29社ではコロナの影響により、3~8月の販売量が玄米換算4万5000トン減ったと推計した。お茶わん約6億杯分に相当する。外出自粛や訪日外国人の減少で、中食向けと外食向けの販売が大きく減少した。

卸経由の流通におけるシェアを計50%握る29社の3~8月の販売量は前年同期比6万3000トン(5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]