/

この記事は会員限定です

政府が経済安保法の指針決定 重要物資、有事に供給確保

半導体や医薬品念頭に

[有料会員限定]

政府は30日の閣議で、供給が止まると国民の生活に影響する「特定重要物資」の要件を定めた指針を決定した。有事の際に供給が途絶えないよう平時から企業への財政支援などでサプライチェーン(供給網)の強化を目指す。

5月に成立した経済安全保障推進法は(1)特定重要物資の安定供給確保(2)基幹インフラの安全確保(3)「特定重要技術」の開発支援(4)特許の非公開――の4本の柱からなる。

閣議決定したのは特定重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません