/

この記事は会員限定です

MBA取得者を中小社長に

政投銀が基金、買収資金を提供 友好的な事業承継を仲介

[有料会員限定]

日本政策投資銀行は経営学修士号(MBA)を取得するなど起業意欲がある若者を中小企業に仲介するファンドをつくる。経営人材として有望な若手に、中小企業を買収する資金を提供する。後継難に悩む経営者が増えていることに対応する。

米国で1980年代に始まった「サーチファンド」と呼ぶ事業承継の仕組みを日本で初めて全国展開する。経営者を目指す個人に対して、複数の投資家が買収に必要な資金をサーチファンドに拠出する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン