/

この記事は会員限定です

北半球でまたも最高気温更新

温暖化の影響、今夏顕著に

[有料会員限定]

今年は史上一番暑い夏だった――。米海洋大気局(NOAA)と世界気象機関(WMO)は6~8月の北半球の平均気温が過去最高だったとの調査をまとめた。2019年も当時の過去最高を記録し、2年連続で「最も暑い夏」を記録した。日本でも浜松市で国内の最高気温を記録するなど各地で猛暑となった。専門家は「温暖化の影響と見るのが妥当だ」と指摘している。

NOAAなどによると、20年6~8月の北半球の平均気温は過去...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン