/

この記事は会員限定です

米保守派を読み解く『壁の向こうの住人たち』 小熊英二

「よい人」が陥る矛盾と感情

[有料会員限定]

学会や講演などで様々な国に行く。そのさい機会があれば、その国の保守的な人とできるだけ話す。ただし思想家や政治家より、信心深い中高年の地域住民や、あまり偉くなさそうな右翼活動家と話すのが好きだ。

なぜか。そういう人は意外に「よい人」が多い。仲良くなると街を案内してくれたり、食事に招いてくれたりする。だがそうした人が、異教徒や移民には悪態をつく。この一見矛盾した精神構造に関心がわくのだ。もちろん、単...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません