日本、相手国に寄り添い法整備

2020/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本は1994年のベトナムを皮切りに、カンボジアやミャンマー、モンゴルなどアジア地域で法整備支援に取り組む。近年では支援対象をアフリカにも広げている。

法整備支援は欧米諸国や、世界銀行グループなどの国際機関も手掛けている。ただ欧米などがモデルとなる制度を相手国にそのまま持ち込む傾向が強いのに対して、日本は「寄り添い型」が特徴だ。明治時代に自国の慣習との整合性を考えながら西洋の制度を取り入れてきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]