/

この記事は会員限定です

巧妙化する中国の情報操作

偽アカウント・インフルエンサー・いやがらせなど駆使

[有料会員限定]

中国とキルギスが2016年にビシュケクで新たなメディアを立ち上げ、ベテランジャーナリストのムラット氏が雇われた。同氏はシルクロード・ニューオブザーバー紙の編集トップになり、これが近隣諸国の相互理解促進につながると期待した。しかし今では甘かったと認める。

中国の「一帯一路」構想のもと、紙面では同構想への批判を避け、中国を肯定的に描くよう求められた。結局、1年あまりで退社したムラット氏は「中国が金を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン