/

この記事は会員限定です

ふるさと回帰支援センター理事長 高橋公さん

地方移住をインフラに(5)

[有料会員限定]
 潜在的な需要は大きいと思われたふるさと回帰運動だが、最初から順調に進んだわけではない。

団塊世代の大量退職時代を前にして、定年退職後は故郷で暮らしてもらうふるさと回帰運動を連合内で提案したのですが、冷ややかな声もありました。労働組合の使命は賃上げを中心とする待遇改善を勝ち取ることで、そんなことは労組の仕事ではないというのです。

私は反論しました。高度成長期に金の卵と呼ばれ、全国から都会に集めら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン