/

この記事は会員限定です

既存マンション需要鈍化 8月東京23区、賃料4カ月連続下落

売買は一部値下げも

[有料会員限定]

東京都心で既存マンションの賃貸や売買の需要が鈍ってきた。東京カンテイ(東京・品川)がまとめた8月の分譲マンション賃料は、東京23区が1平方メートル当たり3813円と前月に比べ10円(0.3%)下落。4カ月連続で前月を下回った。物価の先高観などによる景況感の悪化観測から、賃料水準が高い物件のオーナーを中心に賃料を下げる動きが目立つ。

分譲マンション賃料はマンションの住戸の持ち主が人に貸す際に設定す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません