/

この記事は会員限定です

ドウデュースに騎乗の武豊、10度目挑戦

[有料会員限定]

タイトルホルダー以外にも3頭の日本調教馬が凱旋門賞に参戦する。話題性が高いのは5月に日本ダービー(G1)を勝ったドウデュースだろう。同年のダービー馬が凱旋門賞に挑戦するのは2013年キズナ、16年マカヒキに続き史上3頭目。騎乗する武豊は10回目の凱旋門賞参戦と、注目材料には事欠かない。

だが、11日に本番と同じパリロンシャン競馬場の芝2400メートルで行われた前哨戦、ニエル賞(G2)の内容はさえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン