/

この記事は会員限定です

ドイツ、年24日の「在宅勤務権」

労働相が提案

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツのハイル労働・社会相が、働く人に少なくとも年24日の在宅勤務を要求する権利を認めることを提案した。法制化して、企業は特別な理由がなければ拒否できないようにする。コロナ禍で広がった在宅勤務を定着させ、働き方をより柔軟にしていく狙いがある。

中道左派のドイツ社会民主党(SPD)出身のハイル労働相が今月に入って地元メディアに語った。メルケル政権は中道右派のキリスト教民主・社会同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン