/

この記事は会員限定です

エネルギー危機 日本の決断(下) 再生エネ拡充、各国競う

世界の潮流、電力の8割

[有料会員限定]

日本が将来、発電量の7割を賄えるように導入を拡大するのが望ましい再生可能エネルギー。先行する英国やドイツは既に再生エネ比率が4~5割に達する。国際エネルギー機関(IEA)は2050年に温暖化ガスの排出実質ゼロを実現するシナリオで、世界の電力の8割超を再生エネで賄う必要があるとみる。

日本が再生エネ拡大へとカジを切ったのは11年の東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けてから。21年の再生エネ比率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン