/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、デジタル外商 富裕層の消費深掘り

数十人で「接客」、地方は生配信で

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、外商と呼ぶ富裕層接客をデジタルで進化させる。都心店では要望をチャットで共有し数十人がかりで商品を提案、地方店ではサロンを設けライブコマースで新作を薦める。新型コロナウイルス禍で訪日客需要が消えるなか、遺産相続などで急増する若い富裕層や地方の上顧客の消費を深掘りする。

外商は、武家屋敷を回って注文を集めた江戸時代の呉服屋にルーツがある。専任の販売員が相手の自宅まで通い、趣味嗜好や家族のイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン