/

この記事は会員限定です

炎症性腸疾患 働き盛り襲う

ぶり返す下痢や血便、完治難しく 仕事と治療の両立 課題に

[有料会員限定]

消化器に炎症が起きる炎症性腸疾患(IBD)という難病を抱える人が働き盛りの世代に増えている。安倍晋三前首相の辞任理由になった潰瘍性大腸炎もこの一つで、症状が治まったり、ぶり返したりを繰り返す。治療と仕事の両立を目指している人が多く、一人ひとりの症状や状況に応じた周囲の理解が求められている。

「症状が落ち着いているから、今は無理に検査を受けるつもりはない」

「病歴が10年を超え、がんのリスクが高まる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン