/

この記事は会員限定です

日米、台湾情勢巡り「一つの中国」議論再燃

[有料会員限定]

日本は1972年の中国との国交正常化に伴い、台湾との国交を断絶した。日中共同声明で「日本国政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する」と明記した。当時、国連でもすでに71年に代表権が中国政府に移っていた。

これは日本が「台湾が中国の一部」と認めていることを意味しない。共同声明では「中国政府の立場を十分理解し、尊重」する立場だと記す。外務省は一貫して「『二つの中国』あるい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン