/

この記事は会員限定です

NBAに負けない空間に 沖縄アリーナ・安永社長に聞く

[有料会員限定]

沖縄アリーナは沖縄県沖縄市が防衛省の補助金などを活用して建設した公共施設でありながら、B1琉球が計画時から「バスケットボールを楽しむアリーナ」を想定して関わってきた。指定管理者として運営を任されているのは、クラブ子会社で施設と同名の沖縄アリーナ。NBAクラブで勤務経験のある安永淳一社長は本場に負けない非日常空間を追求したと語る。

――開業から約1年半が経過し、国内外の受け止めは。

「来場者に最も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン