/

この記事は会員限定です

日本・千島海溝、後発地震備え注意情報

M7以上なら、内閣府検討会が最終案

[有料会員限定]

内閣府の有識者検討会は27日、北海道と東北沖の日本海溝・千島海溝沿いでマグニチュード(M)7以上の地震が発生した際、1週間程度の間により大きな後発地震の可能性があるとして、注意を呼びかける情報発信制度の最終案をまとめた。名称は「北海道・三陸沖後発地震注意情報」。住民に備えを再確認してもらい、迅速な津波避難を促す。内閣府は年内の運用開始を目指す。

最終案では、地震発生から約2時間後までに、気象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン