/

この記事は会員限定です

渋沢栄一を街の「顔」に

東京都北区シティプロモーション推進担当課長 古平聡さん

[有料会員限定]

2024年度に刷新する新1万円札の顔に決まった実業家の渋沢栄一は、東京都北区の飛鳥山に本邸を構えるなど北区とのゆかりが深い。渋沢を地域おこしの顔に据え、地元の観光協会と二人三脚で交流人口の拡大に挑むのが、同区シティプロモーション推進担当課長の古平聡さんだ。

「この機会を逃してはならない」。政府が紙幣の刷新を発表した19年4月、古平さんはすぐに動いた。官民連携の事業の立ち上げを提案して回り「東京北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン