/

この記事は会員限定です

光・熱・水検針データ利活用 湖西市・中電・豊橋技科大など協定

需要予測や高齢者見守りに

[有料会員限定]

静岡県湖西市や中部電力サーラコーポレーション傘下のサーラエナジー(愛知県豊橋市)、豊橋技術科学大学など6者は26日、電気やガス、水道の検針データの利活用を検討する包括連携協定を結んだ。産学官の連携による全国初の取り組みとなる。生活で広く使われる光・熱・水のデータを分析し、地域サービスの向上やインフラ維持保全の効率化を目指す。

6者で「電気・ガス・水道検針データ等利活用促進会議」を11月にも立ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン