/

この記事は会員限定です

食器や食パン用フライパン 陶磁器と組み商品開発

アメイズプラス、保温性など特性生かす

[有料会員限定]

美容雑貨の販売を手掛けるアメイズプラス(名古屋市)は中部の伝統産業である陶磁器メーカーと共同で焼き物の用途開発に乗り出している。愛知の屋根瓦メーカーとは、瓦の保温性の高さに着目した食器のボウルを開発した。原料である粘土の価格高騰で産業そのものが危機にあるなか、焼き物が持つ素材の特性を生かした商品開発で需要開拓を急ぐ。

瓦メーカーの神仲(愛知県高浜市)と組み、8月末「瓦ボウル」を発売した。保冷性や断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン