/

この記事は会員限定です

中国、日本国債買い急増 4~7月

買越額3.6倍、利回り有利で 外貨準備、運用シフト

[有料会員限定]

中国による日本の国債購入が急増している。期間1年を超す中長期債の買越額は4~7月に約1.4兆円と前年同期の3.6倍に膨らんだ。金融緩和の長期化で米国債の低い利回りが続く見通しのなか、ドル建てでみた利回りが米国債より高い日本国債への投資を増やしている。巨額のドルを外貨準備で抱え込む中国が運用先を日本国債にも振り向けている。

財務省と日銀の統計で国・地域別の中長期債の売買動向をみると、中国の買越額は新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン