/

この記事は会員限定です

日本アクセス、カネ美食品の株式取得

食材販売拡大へ

[有料会員限定]

食品卸大手の日本アクセスは22億円を投じ、総菜や弁当を製造販売するカネ美食品の発行済み株式の7.5%を取得した。スーパーでは人件費を抑えるため、総菜の製造をカネ美食品のような企業に委託するケースが増えており、今後も事業が成長すると判断。カネ美食品への食材販売や、弁当の配送需要の拡大につなげる。

カネ美食品はディスカウントストア「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスファミリーマートが主要株主で、全国のファミリーマートなどに総菜や弁当を供給してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン