/

この記事は会員限定です

米中間選挙の焦点 前大統領復帰の可能性占う

会田弘継・関西大学客員教授

[有料会員限定]

米中間選挙まで1カ月余りとなった。尋常な中間選挙ではない。2年後の大統領選への異例の再出馬が取り沙汰されるトランプ前大統領が早くも前面に出て、中間選挙を通じて共和党の支配強化をもくろむ。他方、前大統領訴追も視野に入れた複数の司法捜査の動きがそのもくろみを揺さぶる。

本稿では中間選挙を取り巻く特異な情勢を概観し、米国の民主主義が直面する深刻な混迷を考察したい。

中間選挙は、4年ごとの大統領選の間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません