/

この記事は会員限定です

コメから小麦、転作を支援 食糧安保で重要性増す

新潟県、栽培法研究し助言 三重県は販路開拓へ麺開発

[有料会員限定]

自治体が相次ぎ小麦の生産拡大を支援している。需要が減少傾向にあるコメからの転作を促し、農家の経営安定を目指す。ロシアによるウクライナ侵攻で小麦の国際価格が高騰し、食糧安全保障や価格安定の両面で国産の重要性が高まっていることにも対応する。

新潟県は9月から県内数カ所で実証実験用の圃場を整備している。県農業普及指導センターが圃場で生育状況や収穫量を調べる。「初めて小麦を生産する農家もいる」(担当者)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン