/

この記事は会員限定です

アーケード原型、布製日よけ

日差しが強い西日本に多く

[有料会員限定]

商店街のアーケードは歩行者の心強い味方だ。急な雨や暑い日の日差しも気にならない。両側に店舗が並ぶ道の上を屋根がすっぽりと覆う「全蓋(ぜんがい)式」は西日本に多く、戦前まで道に渡していた布製の日よけがその原型。日差しから商品を守る必要性が高かったためとみられる。

2駅分の長さ

大阪には屋根付きの巨大な商店街がある。グリコの看板で有名な道頓堀の戎橋(大阪市中央区)は橋の周辺こそ空が見えるが、南には戎橋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1635文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません