/

この記事は会員限定です

「おうちカラオケ」 コロナ心配なし

騒音配慮、たまった鬱憤発散 アプリ・防音商品好調

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響でカラオケボックスの利用を控える"のど自慢"たちが、自宅で歌う「おうちカラオケ」に手を伸ばしている。企業も、音源を提供するスマートフォンアプリや防音機能のある関連グッズを売り込む。たまった鬱憤を自宅での熱唱で発散しているようだ。

♪麦わらの 帽子の君が――。東京都内に住む女性会社員(37)は最近、自宅で歌うのがひそかな楽しみだ。家事を終え、子どもを寝かしつけた後、お気に入り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン