富士通、3度目の失態 東証システム障害
教訓生きず、DX軸の成長戦略に暗雲

2020/10/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本株の売買インフラを担う東京証券取引所で1日、異例のシステム障害が発生した。引き金となった基幹システム「アローヘッド」の設計・開発を手掛ける富士通の東証のシステムを巡る大きな失態は、2005年、12年に続き3度目。足元では、デジタルトランスフォーメーション(DX)企業への転身を掲げて業績は堅調だが、信用が揺らぎ失速しかねない。(1面参照

「なんで繰り返しこうなっちゃったのか」。1日夜、富士通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]