/

この記事は会員限定です

解散、年明け以降に

首相、コロナ対策を優先

[有料会員限定]

菅義偉首相は2日、首相官邸で公明党の山口那津男代表と約1時間会談し、当面の間、衆院解散・総選挙を見送る考えを伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済の立て直しを優先する。衆院解散・総選挙は年明け以降になる公算が大きくなった。

会談で山口氏が解散・総選挙への対応を聞いたところ、首相は「新型コロナ対応をしっかりやり、経済を回復軌道に乗せるように頑張る。そこを当面やる」と述べた。

山口氏が会談後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン