/

この記事は会員限定です

スズキ、インドで小型EVに注力

シェア50%へ販売網拡大も 社長 鈴木俊宏氏

[有料会員限定]

スズキがインド事業に乗り出し40周年を迎えた。同事業は今やスズキの四輪車生産の6割を占める稼ぎ頭。鈴木俊宏社長は現地で取材に応じ、将来的に需要拡大を見込む小型の電気自動車(EV)の開発に力を入れる方針を明らかにした。主な一問一答は以下の通り。

――インド市場の中心は従来の小型車から中型・大型にシフトし、EVも登場しています。

「確かにいまは多目的スポーツ車(SUV)にシフトしている。ただEVが普...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません