/

この記事は会員限定です

特別区、東京より強い権限

財政の前提異なる

[有料会員限定]

大阪都構想の4つの特別区は東京23区がモデルだが、東京より強い権限をもたせる制度案となっている。大阪府・市によると、東京23区は国の区分でいえば「一般市」並みだが、大阪4区は「中核市」並み。身体障害者手帳の交付や屋外広告の設置制限などの権限を持つようになる。

人口や議員定数では、大阪4区は東京23区より平準化される。

東京23区は人口が6万人強の千代田区から約93万人の世田谷区まで差が大きい。大阪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン