/

この記事は会員限定です

独立系運用指南に個人マネー流入

大手の残高1年で3割増、「長期視点」支持 仕組み債依存は顧客離反

[有料会員限定]

市場の変調が続く逆風下で、独立系金融アドバイザー(IFA)の一角に個人マネーが流れ込んでいる。長期の資産形成を重視する運用指南が支持を集めているためだ。一方で仕組み債など高リスクの金融商品に依存するIFA業者は損失を負った顧客が離反する。大手金融機関も仕組み債の販売抑制に動いており、長期視点に立った営業の確立が急務になっている。

IFAは証券会社と業務委託契約を結んで株や投資信託を販売する金融商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン