海賊版収入、権利者に ヴォバイルが新サービス

2020/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

海賊版防止サービスを手がけるヴォバイルジャパン(東京・渋谷)は、11月から動画投稿サイトなどで海賊版が得る広告収入を、本来のコンテンツの権利者に分配するのを支援するサービスを始める。映画会社やテレビ局、レコード会社などが主な顧客対象。同社は還元された広告収入から手数料を徴収する。

当面は動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された海賊版を対象にする。テレビ局などの権利者はタイトル、発表・公開年、権…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]