/

この記事は会員限定です

海賊版収入、権利者に

ヴォバイルが新サービス

[有料会員限定]

海賊版防止サービスを手がけるヴォバイルジャパン(東京・渋谷)は、11月から動画投稿サイトなどで海賊版が得る広告収入を、本来のコンテンツの権利者に分配するのを支援するサービスを始める。映画会社やテレビ局、レコード会社などが主な顧客対象。同社は還元された広告収入から手数料を徴収する。

当面は動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された海賊版を対象にする。テレビ局などの権利者はタイトル、発表・公開年、権利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン