国内景気回復 世界に遅れ 製造業、反発力弱く
9月日銀短観 設備投資手控えで 米欧中は「コロナ前」に

2020/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界経済が製造業主導で回復基調をたどるなか、日本の戻りの鈍さが目立っている。米欧や中国では製造業の景況感が新型コロナウイルス感染拡大前の水準まで回復したのに対し、日本はコロナ拡大前を下回ったままだ。特に設備投資を手控える動きが響いており、10~12月期も持ち直しは厳しいとの指摘がある。

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の業況判断指数(DI)は前回の6月調査…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]