/

この記事は会員限定です

シーラカンスの発見(1938年)

生きた化石が姿現す

[有料会員限定]

1938年、南アフリカのイーストロンドンで「生きた化石」の異名をもつシーラカンスが発見された。イーストロンドン博物館の学芸員のマジョリー・コートニー=ラティマー氏のもとに「見たこともない魚がいる」と漁師から連絡が入った。

ラティマー氏は同国のローズ大学のJ・L・B・スミス博士に同定を依頼した。化石で見つかり白亜紀末の約6500万年前に絶滅したとされていたシーラカンスだと確認された。スミス博士はラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン