ミタル、2050年までに「CO2ゼロ」 水素や貯蔵技術で

2020/10/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生】鉄鋼世界大手の欧州アルセロール・ミタルは30日、2050年までに全世界で二酸化炭素(CO2)排出を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すと発表した。水素の活用やCO2貯蔵などの技術開発を急ぐ。CO2を多く排出する産業の代表格であるミタルの動きは業界他社にも影響を与えそうだ。

同社は19年に欧州にか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]