/

この記事は会員限定です

国の責任 判断割れる

各地裁、7件認定・6件否定

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故の被災者による集団訴訟は各地で起こされており、国の責任について地裁の判断は割れている。一審判決が出た13件のうち7件は国の責任を認め、6件は否定した。

国の責任を初めて認めた2017年3月の前橋地裁判決は、大津波は予見でき、東電に対策を命じれば事故を防げたとして「国の対応は著しく合理性を欠き違法だ」と指摘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン