酒税や最低賃金きょうから変更

2020/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

10月1日に暮らしに影響する税制などの変更がある。ビールの税金が安くなる一方、第三のビールやたばこの税金は高くなる。新型コロナウイルスは個人の収入に影を落とし、消費者の節約志向は強まった。税制改正や各社の価格戦略が及ぼす影響は大きそうだ。

ビール系飲料は主原料の麦芽の配合比率に応じてビール、発泡酒、第三のビールの順に酒税の税率が高い。政府は段階的に統一する考えで、1日はその第1弾となる。

ビール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]