/

この記事は会員限定です

Nextストーリー 厚底革命(1)マラソンを変えたナイキ

人類初の2時間切り 「選手の声を聞け」プロ集結

[有料会員限定]

2019年9月に行われた東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」は近年の潮流をみるようだった。男子上位10人中8人がピンクの厚底シューズを着用。ナイキの"一人勝ち"が話題をさらった。

1カ月後、男子の世界記録保持者、エリウド・キプチョゲ(ケニア)がマラソンで人類初の2時間切りを達成した。複数のペースメーカーが入れ替わるなど手厚いサポート付きのため、非公認記録とはいえ衝撃のニュース。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン