/

この記事は会員限定です

豪商の金融史 高槻泰郎編著

江戸期 経営イノベーション

[有料会員限定]

江戸時代の大坂で鴻池善右衛門と肩を並べる「豪商」といわれた加島屋久右衛門(かじまやきゅうえもん)が、新選組に融資していたことを示す借用書が、加島屋の子孫である廣岡家の本家・分家に伝わる「廣岡家文書」「廣岡五兵衛家文書」の中に残されていると、かねて新聞で報じられてきた。本書は、その廣岡家を創業一族とする大同生命保険の創業110年を機に、同社の大阪本社ビルで保管されていた史料群およびその他の文書を本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン