/

この記事は会員限定です

食×技術 米国で新事業

大塚HDなど6社、新興と連携 代替肉や調理家電研究

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】大塚ホールディングス(HD)や日清食品HDなど国内の食品関連企業6社が米国のスタートアップ企業と組み、新事業を創出する取り組みを始める。現地のベンチャーキャピタル(VC)の協力を得て新素材などを開発する。食品分野に新たな技術を組み合わせるフードテックの流れを取り込み成長につなげる。

米VCのスクラムベンチャーズが始めるスタートアップ連携プログラムに参画する。2社に加え、伊藤園ニチレイ不二製油グループ本社、洋菓子のユーハイム(神戸市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン