〈みずほ20年 コロナ後の進路〉(中)鬼門のシステム立て直し 店舗の省人化急ピッチ

2020/9/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

みずほ銀行の中目黒支店(東京・目黒)では店頭手続きの変更に伴う研修が急ピッチで進んでいる。10月から来店客が店頭に置かれたタブレットを操作すると、わざわざ窓口へ足を運ばなくても入出金や住所変更など多くの取引を済ませられるようになる。

取引に要する時間は約半分まで減り、来店客の待ち時間も短くなる。みずほは中目黒支店を皮切りに、年末までに国内の全店舗で同様の手続きへ切り替える。それを支えるのが昨年7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]